Web公開サービスについて

Web公開サービスの概要

情報連携推進本部では,Web公開用IDをお持ちの一般利用者向けにWeb公開サービスを提供しています。
※従前より本サービスをお使いいただいている場合は,そのままご利用を継続いただけます。

Web公開までの流れ

  1. Web公開をどのように行うか、検討しておいてください。
    ・HP管理者は誰か,HP公開の目的
    ・公開範囲(学内限定か学外公開か)
    ・Webサーバーはどのように準備するか
    ・希望のID(エイリアス)候補  など

  2. SharePoint情報館サイトにある「Webページ公開申請」から申請を行ってください。 なお,学生については所属研究室教員,サークルについては学生支援課を通じて申請を行ってください。

  3. 申請が許可され,IDが発行されれば,HP管理者に通知します。IDの通知後,HP管理者はWebデータをアップロードできるようになります。

ファイルアップロード手順

WebサーバへHTML文書や画像などのファイルをアップロードするには,一般的なFTPではなく,通信内容を暗号化したFTPES方式を利用します。

Webサーバへのコンテンツアップロードは,岐阜大学のキャンパス情報ネットワークに接続された端末からしか利用できませんのでご注意ください。

情報館では,上記の要件を満たすWindows用ファイル転送クライアントソフトウェアとして,FileZillaやWinSCPでの動作を確認しています。

Webサーバリスト

情報連携推進本部が運用している一般利用者用Webサーバは以下の4種類です。

  1. 教職員用WWWサーバ

    • 利用可能ID

      教職員個人用ID,組織用ID

    • 公開URL

      https://www1.gifu-u.ac.jp/~ID/

    • 公開範囲 インターネット全体

  2. 学生用WWWサーバ

    • 利用可能ID

      学生ID,サークルID

    • 公開URL

      https://www2.gifu-u.ac.jp/~ID/

    • 公開範囲

      インターネット全体

  3. 教職員用イントラサーバ

    • 利用可能ID

      教職員個人ID,組織ID

    • 公開URL

      https://intra1.gifu-u.ac.jp/~ID/

    • 公開範囲

      岐阜大学キャンパス情報ネットワーク内のみ

  4. 学生用イントラサーバ

    • 利用可能ID

      学生ID,サークルID

    • 公開URL

      https://intra2.gifu-u.ac.jp/~ID/

    • 公開範囲

      岐阜大学キャンパス情報ネットワーク内のみ

一般利用者用Webサーバの制限事項

一般利用者向けのWebサーバで公開できるのは,PC上で作成された静的なHTMLコンテンツのみで,CGIやSSI,CMSなどを利用した動的なコンテンツ生成の仕組みは利用できません。

コンテンツの動的生成を行うには,Webサーバ上でコンテンツを追加,編集する何らかのプログラムを実行する必要があります。そうしたプログラムの中には,稀にですがバグによってサーバ全体が不安定になったり,クラッカーにサーバへの侵入を許してしまうようなセキュリティホールを内在しているものが存在します。

1人でもそうした問題のあるプログラムを利用していることで,サーバを利用している全ての利用者が影響を被る恐れがあり,現時点では全面的に禁止させていただいています。

予めご了承ください。