統合認証システムのアカウントにはどんな種類がありますか?

質問

岐阜大学の統合認証システムで発行されるアカウントにはどのような種類が存在しますか?

回答

全部で 7種類のカウントが存在します

教育系アカウント

電子メールアドレスが「ユーザID@edu.gifu-u.ac.jp」であるアカウント。

  • 学生アカウント

    岐阜大学に在籍している正規学生,非正規学生のみなさんに発行されるアカウントです。ユーザIDは学籍番号から自動生成され,入学と同時に自動的に発行されます。

  • サークルアカウント

    岐阜大学の公認学生団体(サークル・同好会など)に発行されるアカウントです。サークルアカウントは学務部学生支援課が管理しています。

  • テンポラリアカウント

    講習会等の目的で一時的に発行されるアカウントです。

教職員系アカウント

電子メールアドレスが「ユーザID@gifu-u.ac.jp」であるアカウント。

  • 教職員個人アカウント

    岐阜大学に在籍している教職員,非常勤講師,名誉教授等のみなさんに発行されるアカウントで,初回登録時にユーザIDを自身で決定することができます。教職員個人アカウントの利用資格を得ると,ユーザID取得用の仮IDが自動的に発行されます。

  • 組織アカウント

    岐阜大学の公的な組織の業務のために発行されるアカウントです。岐阜大学の常勤教職員が,部局長の許可を得たうえで取得することができます。

  • 個人用追加アカウント

    岐阜大学常勤教職員の個人的な利用を前提に発行される追加アカウントです。

  • 非正規職員アカウント

    岐阜大学で業務や研究活動に携わっているものの,人事給与システムに登録されない方に対して発行されるアカウントです。

業務系アカウント

電子メールアドレスが「ユーザID@jim.gifu-u.a.jp」であるアカウント。

  • 事務アカウント

    主に岐阜大学の職員が事務業務を行うために発行されるアカウントです。事務アカウントは学術国際部情報戦略課が管理しています。