全学利用アプリケーション

アプリケーション提供

情報連携統括本部では,以下のソフトウェアについて,岐阜大学全体で利用可能なサイトラインセンスを取得し,学内の希望者に対してインストールメディアの貸出を行っております。

アプリケーションの利用希望については情報連携統括本部までお問い合わせください。

Gaussian09 UNIXソースコード

化学や生命工学分野で広く利用されている分子軌道計算ソフトウェアです。

UNIXソースコード版は,LinuxやMacOS XなどのUNIX系OS上で実行形式にコンパイルして利用します。

Gaussian09は名古屋大学の大型計算機にも導入されていますので,小規模なテストを手元のPCで実行し,本番の大規模計算を名古屋大学の大型計算機で実行する,といった利用も可能です。

GaussView5 32bit版Linuxバイナリ

Gaussianの計算結果を可視化するためのソフトウェアです。 ソースコードでの提供が無いため,本学では32bit版のLinux用バイナリのみライセンスを取得しています。

Gaussian09 Windowsバイナリ

GaussianのWindows版です。バイナリ形式での配布になりますので,インストールOS上でのコンパイルは必要ありません。

GaussView5 Windowsバイナリ

Gaussianの計算結果を可視化するためのソフトウェアです。

名古屋大学の大型計算機で実行したGaussianの計算結果を可視化するのにも利用可能です。