学認による認証の手順

初めて学認対応SP(サービスプロバイダ≒各Webサービス)にログインする際の流れを、CiNiiを利用する場合を例に説明します。

なお、以前に同じSPを利用したことがあったり、別の学認対応SPを利用したことがある場合には、一部の画面(機関選択や提供情報の確認など)が省略される場合があります。

1) Webブラウザで利用したいSPのログイン画面へアクセス

CiNiiの場合、トップ画面の右上に表示されている「ログイン」を選択する。

2) 所属機関を選択

「学認」用のログイン画面で「所属機関」一覧から「岐阜大学」を選択し、「ログイン」ボタン(サービスによっては「選択」ボタン)を選択する。

3) ユーザID/パスワードの入力

学内SSO(WebメールやG-groupへログインする際のログイン画面)の色違いな認証画面が表示されます。2015年10月時点では、本学の常勤教職員のみ、情報連携統括本部発行の教職員個人IDで認証可能です。

なお、岐阜大学の提供する学認用ログイン画面は下記URLです。ユーザID/パスワードを入力する前に必ずURLが正しいことを確認してください。学認対応SPへログインしようとした際に、このURL以外でユーザIDやパスワードの入力を要求してきた場合、ユーザIDやパスワードを不正に入手する目的のフィッシングサイトですので、絶対にユーザID/パスワードを入力しないようにしてください。

  • https://gakunin.gifu-u.ac.jp/idp/Authn/UserPassword

4) 提供情報を選択

SPがサービス提供のために要求した情報が一覧で表示されます。

項目の左にチェックボックスがあり、SPが「任意」としてとして要求している情報については、チェックボックスからチェックを外すことでSPへの提供を拒否することが可能です。

SPが「必須」として要求している情報については、チェックボックスからチェックを外せなくなっています。「必須」の情報を提供したくない場合は、該当SPを利用できません。

提供される情報を確認の上、情報の提供に同意する場合には以下の中から「同意方法」を選択し、「同意」ボタンを選択してください。

  1. 今回は情報を送信することに同意します。次のログイン時に再度チェックします。
  2. 今回と同じ情報を今後も自動的にこのサービスに送信することに同意します。
  3. 今後、私がアクセスするサービスで必要とされるすべての私の情報がサービスプロバイダにリリースされることに完全に同意します。

「1.」を選択した場合、情報の提供に同意しますが、また次回おなじSPを利用する際にも提供情報の選択画面が表示され、その時には今回選択した提供情報が自動的に選択された状態になります。

「2.」を選択した場合、次回おなじSPを利用する場合は、提供情報の選択画面を表示せず、今回選択した提供情報が自動的に提供されるようになります。なお、次回ログイン時に、ユーザID/パスワード入力欄の下に表示されている「Clear my attribute release consent」チェックボックスにチェックを入れてログインすることで、この設定を取り消すことができます。

「3.」を選択した場合、今回とおなじSPだけでなく、今後利用するすべてのSP(今回利用するSP以外も含む)に対して、ログイン時に提供情報の選択画面を表示せず、SPの要求する情報がすべて提供されるようになります。この設定もまた、次回ログイン時に、ユーザID/パスワード入力欄の下に表示されている「Clear my attribute release consent」チェックボックスにチェックを入れてログインすることで取り消すことができます。

5) 提供情報を確認

「4)」で許可した情報を提供して良いか最終確認画面が表示されます。

問題なければ「送信」ボタンを選択することで学認でのユーザ認証が完了します。

ここで「送信」ボタンを選択するまで、SPへは一切の情報は送信されません。

6) サービスを利用

「5)」で「送信」ボタンを送信すると、SPのページへ戻り、該当SPへログインした状態でサービスを利用することができます。