MS Office(Office365 ProPlus)

岐阜大学では,Microsoft社と包括ライセンス契約(EES)を結んでおり,この契約に付随する無償オプション(Student Advantage/Teacher Advantage)として,本学に在籍している正規学生(学部生,大学院生)および常勤教職員の皆さんは,在籍中に限り個人所有のPCに最新版のMS Office(Office365 ProPlus,以下Office365)を無料でインストールして使用することが可能です。

注:公費で購入したPCに対する Windows OS および MS Office のインストールは,G-group内のMS包括ライセンス関連ドキュメント(ログイン後,ポータル画面左下のリンク集からご覧いただけます)をご確認ください。

Office365の利用にあたって

Office365を利用するためには,岐阜大学の包括ライセンス契約と紐付いた Microsoftアカウント が必要です。

岐阜大学では,Office365専用に年度内有効なMicrosoftアカウントが取得できる「Office365 ProPlus用 仮名アカウント発行サービス」を利用します。

「Office365 ProPlus用 仮名アカウント発行サービス」はその名の通り、Office365 を利用するための仮の(テンポラリな)Microsoftアカウントを発行してくれるサービスです。

Office365を利用して最新版のOfficeアプリケーションをインストールするためには、まず最初に「仮名アカウント発行サービス」からOffice365専用のMicrosoftアカウントを取得し、そのMicrosoftアカウントを使用してOffice365 ProPlusサイトへサインインする必要があります。

仮名アカウントの有効期限

仮名アカウントは取得した年度の末日が有効期限となります。次年度も利用したい場合は、年度が明けてから改めて「仮名アカウント発行サービス」へログインし、仮名アカウントを再取得する必要があります。

このとき、前年度とは異なる仮名アカウントが発行されますが、インストール済みのOfficeアプリケーション上で新しい仮名アカウントでサインインするだけでOfficeアプリケーションが利用可能になりますので、年度ごとにOfficeアプリケーションを再インストールする必要はありません。

仮名アカウントの持つ権限

「仮名アカウント発行サービス」から発行される仮名アカウントによって以下の機能を利用できます。

  • 最新版のOfficeアプリケーションをWindows/Mac(5台まで)にインストール
  • iOSおよびAndroid版Officeアプリをスマホ(5台まで)にインストール
  • iOSおよびAndroid版Officeアプリをタブレット(5台まで)にインストール

ただし,OneDriveやSkypeといった上記以外のMicrosoftアカウントに付随するサービスは利用できませんのでご注意ください。

インストール手順

  1. 「仮名アカウント発行サービス」へアクセスし,Office365用のMicrosoftアカウントを取得する

    https://o365dlp.cloudapp.net/o365pp

  2. 「Office365ポータル」へアクセスし,1. で取得したMicrosoftアカウントでサインインする

    https://portal.office.com/

  3. 「Office365ポータル」からMS Officeのインストーラを取得/実行する

  4. インストール後のOfficeアプリケーション上でライセンス認証(1. で取得したMicrosoftアカウントを使用したサインイン)を行う

利用手順の詳細は以下のマニュアル/説明会資料をご参照ください。