憲章・基本戦略

憲章

  1. 教育研究活動を支援する情報メディア環境の整備を推進する。
  2. 安全で安心な情報ネットワークの整備・維持を行う。
  3. 情報メディアや情報ネットワーク技術を活用した教育方法の改善を支援する。
  4. 大学経営に資する大学情報化の推進を支援する。
  5. 大学と地域を結び人々の生涯にわたる学びを支援する。
  6. 地域の大学・研究機関を結ぶ情報ネットワーク拠点となる。
  7. 教員の専門領域を活かした地域との多様な連携形態に基づく研究を推進する。

基本戦略

教育研究支援の基本戦略

  • 教育・研究・業務の道具としての情報ネットワークの安定的運用とセキュリティの維持向上に努める。
  • 教育用端末,オープンLAN等の学生の情報アクセス環境を整備する。
  • 情報ネットワークを基盤としたe-Learning・遠隔教育手法の全学的活用を推進する。
  • 情報メディアを活用したコンテンツ開発・利用を支援する。
  • 情報活用・情報モラル教育の推進を支援する。
  • 情報連携基盤センターを利用した科学技術計算の実施を支援する。

情報施策支援の基本戦略

  • 大学が進める情報戦略に対する企画の立案を支援する。
  • 長期的視野に立った大学全体の情報基盤整備の維持・構築を支援する。
  • 大学全体の情報施策を推進できる人材の育成を支援する。

社会貢献の基本戦略

  • 教員の専門領域に関連した社会貢献を推進する。
  • ニーズに的確に対応した公開講座等の企画・実施に参画する。
  • 圏域の教育と研究における情報ネットワーク拠点としての機能を果たす。

研究活動の基本戦略

  • 教員の専門領域の研究を推進する。
  • 地域との多様な連携形態に基づく研究を推進するとともに,その成果を教育研究支援の充実に活かす。
  • 学術情報学(Academic Analytics)研究に着手する。