2015/10/20

「学認(GakuNin)」「eduroam」への参加について

岐阜大学は「学認(GakuNin)」および「eduroam JP」に正式参加しました。

学認(GakuNin)

「学認(GakuNin)」とは、日本の学術機関や学術機関向けに情報サービスを提供する企業が参加する学術認証フェデレーションです。

岐阜大学が「学認(GakuNin)」へ参加したことで、岐阜大学の構成員(2015年10月現在は常勤教職員のみ)が、学認対応のWebサービスや無線LANアクセスポイントを、岐阜大学で取得したユーザIDを使って利用できるようになりました。また、岐阜大学が機関契約している電子ジャーナルのうち学認経由の利用手続きが完了したものについては、岐阜大学のキャンパスLAN以外の環境(自宅や出張先)から利用できるようになります。

岐阜大学から利用できる学認対応サービスや学認による認証の手順については「センターサービス > 学認(GakuNin)」をご確認ください。

eduroam JP

「eduroam」とは、国内外の学術機関を中心とした国際無線LANローミング基盤です。

岐阜大学が「eduroam JP」に参加したことで、岐阜大学が開催する学会等で eduroam アクセスポイントを提供できるようになったのに加え、岐阜大学の常勤教職員が国内125機関、世界約75か国(地域)で提供されている eduroam アクセスポイントを利用できるようになりました。

岐阜大学が提供する eduroam アクセスポイントや、岐阜大学構成員の eduroam アクセスポイントの利用方法については「センターサービス > eduroam」をご確認ください。