2020/09/18

2020年10月19日より、多要素認証を導入します(追記あり 2020/10/02)

(※ 2020/10/02 「よくある質問」を追記しました)

情報連携推進本部では不正アクセス対策のため、2020年10月19日より、多要素認証を導入いたします。

これにより、学外からWebメールやAIMS、学務情報システムなど本学が提供するネットワークサービスのうち、シングルサインオン(SSO)サービスに対応したサービスを利用する際に、多要素認証が必須となります。

また、Microsoft 365サービスを利用する際にも、多要素認証が必須となります。

学外からの利用の際に多要素認証が必須となるサービス

  • 岐阜大学が提供するネットワークサービスのうち、シングルサインオン(SSO)サービスに対応しているもの
    例) Webメール,AIMS,GUAM,Campus-G 等
  • Microsoft 365 サービス

多要素認証を利用するための設定

多要素認証の設定は、岐阜大学が提供するネットワークサービスと、Microsoft 365サービスでそれぞれ異なります。

  • 岐阜大学が提供するネットワークサービス
    • GUAM」にアクセスして設定を行う必要があります。設定方法についてはマニュアルをご確認ください。
    • 2020年10月19日までは本学学内・学外両方の環境から設定可能です。
    • 2020年10月19日以降は設定可能な環境が本学学内に限定されます。学外からは設定できなくなりますのでご注意ください。
  • Microsoft 365 サービス
    • Microsoft 365 ポータルサイト」にアクセスして設定を行う必要があります。設定方法についてはマニュアルをご確認ください。
    • 2020年10月19日から設定できるようになります。(2020年10月19日までは設定できません)。
    • Microsoft 365 サービスに対する多要素認証設定は学外・学内どちらの環境からでも設定できます

以上のことから、岐阜大学が提供するネットワークサービスを学外から利用するための設定は2020年10月19日以降、学外からは設定できなくなるため、本学への通勤・通学が困難な方は必ず、2020年10月19日までに設定を完了させてください。

Microsoft 365 サービスについては2020年10月19日までは設定などの準備はできません。2020年10月19日以降、速やかに設定を行ってください。

多要素認証や、具体的な準備方法など詳細については次のページをご確認ください。

本件に関するご相談・問い合わせ先

多要素認証の導入について、たくさんの問合せをいただいております。

特に多いものについて、FAQを用意いたしましたのでご参照ください。

FAQをご参照いただいても解決できない場合など、本件に関するお問い合わせやご相談は、以下までお願いいたします。

  • 情報連携推進本部(情報館)
    • 内線:2041
    • 電子メール:imc-help@gifu-u.ac.jp